スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローテボーマンダ

ローテーションバトルにおけるボーマンダの扱いについて

不遇の所以
ボーマンダの長所である受けだしから相手に圧力をかける一連の動きが、ローテーションバトルにおいて機能しない
カイリュー、ガブリアスを引き合いに出す以前に既存(第4世代)の立ち回りが通用しないということ

いかく
ローテーションバトルにおいて威嚇の特性は突き詰めると微妙といわざるを得ない
初手、後発いずれにしても対面する状況が偶発的に訪れるうえ、サイドでは特性自体が死んでしまう
もっとも先頭のポケモン相手のパスから先頭のポケモンを読むことは不可能ではないので完全な死に特性とまではいえない

じしんかじょう
PDWの追加特性、この特性は相手のポケモンを倒さなければ発動しないため威嚇以上に死に特性になりやすい
さらに言うなら、選出されるのが4匹のため最大3段階というリミットがある
もっとも基本的なスペックは同じ特性の他のポケモンより高い
特性が一度発動すると打点が大幅に伸びるため連荘すれば当然決定力は増す

環境
現状ボーマンダより速いポケモンのほとんどがボーマンダを火力でねじ伏せられるポケモンである
ジバコイル、ハッサムなど一定の条件下では相性、すばやさで勝っていても返り討ちになることがある
総括するなら八方塞がりといったところか
得意な相手もそれなりに存在するもののやはり弱点の大きさが目に付いてしまう

以下使用実感

通常速度下においてはやはり分が悪い場面にしばしば遭遇する
ガブリアスやカイリューと同じ感覚で使うと弱いのは確かあえていうならカス
すばやさの変動がやはりキーポイントで、逆転すれば化ける
パス構築の段階では単体での投入は難しい、要はパスを選ぶ
Sの操作に長けるパスにおいて特性の性質上エースとしての仕事は可能
専用構築においては現状十分に機能している
りゅうのまい()

まとめ
環境的にきつい部分はあるけど失格の烙印を押すほどでもない(まぁローテに使えないポケモンはいないけど)
当たり前だけどこれ1体で全部倒すゲームじゃなくて6→4の総合力で勝つゲームなんで

マンダのプロモーションのつもりで書き始めたけど自分でもボロクソ書いててワロタ
まぁ一番のストロングポイントはあえて書かなかったけど

スポンサーサイト

すばやさ調整早見表Vol.2

すばやさ調整参考一覧
ローテーションバトル用に改訂
※○○抜きとか○○抜き抜きとかは際限がないので各々で考えてください
※ある程度メジャーなところはスカーフ込みのすばやさも乗せています

(すばやさ実数……該当する種族値群or固有のポケモン)

22……最遅ナットレイ
51……4振りモロバレル
66……4振りローブシン
81……4振り60族
82……4振りバンギラス
86……4振り65族
91……4振り70族
95……4振り零度スイクン
102……最速ラッキー
106……4振り85族
107……4振りFCロトム・準速カイリキー
109……おいかぜ下でスカーフトゲキッス抜き
112……準速60族
113……準速バンギラス
117……最速カイリキー
122……準速70族
123……最速60族
124……最速バンギラス
129……準速ヒードラン
132……準速80族
133……準速ギャラドス
134……最速70族
137……準速85族
138……準速FCロトム
140……準速ドリュウズ
141……準速ヒードラン
142……準速90族
145……最速80族
146……最速ギャラドス
149……準速オノノクス
150……最速85族・準速サザンドラ
151……最速86族
152……準速100族
153……準速ランドロス
154……最速ドリュウズ
156……最速90族
163……最速オノノクス
165……最速サザンドラ
167……最速100族・準速115族
168……最速ランドロス
169……最速ガブリアス
175……最速スカーフカイリキー
176……最速108族
178……最速110族
179……最速111族
182……準速130族
183……最速115族
184……最速スカーフ60族
185……最速スカーフバンギラス
198……準速スカーフ80族
200……最速130族
201……最速スカーフ70族
205……準速スカーフ85族
207……準速スカーフFCロトム
217……最速スカーフ80族
225……最速スカーフ85族
226……最速スカーフFCロトム
231……準速スカーフガブリアス
253……最速ガブリアス

とりあえずこんな感じですね
間違い追加希望等ありましたら気軽にコメントの方で

ローテパス晒し

ゴウカザル@ひこうジュエル
インファイト、フレアドライブ、アクロバット、マッハパンチ

ライコウ@シュカの実
10万ボルト、めざめるパワー、リフレクター、めいそう

ラティオス@こだわりメガネ
りゅうせいぐん、なみのり、サイコキネシス、10まんボルト

ユキノオー@きあいのたすき
ふぶき、ギガドレイン、こおりのつぶて、まもる

ブルンゲル@オボンのみ
ナイトヘッド、ちょうはつ、じこさいせい、トリックルーム

ウリムー@ひかりのこな
がむしゃら、こおりのつぶて、みがわり、がむしゃら


スタンとウリムー軸の2つの構成を1つのパスで使ってみたかったから組んだ後悔はry

ウリムーについて
お守りが必要な分ココドラに比べて安定性の面で劣る分以下のメリットがあります
・先制技(こおりのつぶて)
・電気技無効
・天候ダメージを受けない
これに加えてゆきがくれによる回避性能付与が最大の特徴

ゴウカザルについて
バシャーモの加速取得の煽りをもろに受けて(バトレボ末期からすでに)日々数を減らしてるポケモ
ゴウカザルを使うメリット
・安定技のインファイト(とびひざげりとか大嫌い)
・一致先制技のマッハパンチ

環境に合わせたというよりは使いたいから組んだ(大事なことなのでry)

第二回ヌオーかわいいよ(ノ)・ω・(ヾ)杯回顧録

みーたろさん主催の大会に参加しました

大会参加自体は結構久々だったので色々拙さも…

まず参加パス
ラティオス、ライコウ、ゴウカザル、ユキノオー、ブルンゲル、ウリムー

1回戦:長野博さん
こちらの選出 ゴウカザル、ラティオス、ライコウ(控:ユキノオー
相手の選出  バンギラス、ナットレイ、ブルンゲル、(控:ウルガモス (未選出:ガブリアス・サンダー

猿バンギ対面からスタート

ゴウカザルが初手インファイトでバンギラスを後発のウルガモスにジュエルバットを当てて4-2
そこからナットレイに宿木ブルンゲルにトリルを張られるもなんとか択に勝ってナットレイにフレドラ当てて勝利

2回戦:かささん
こちらの選出 ユキノオー、ウリムー、ブルンゲル(控:ラティオス
相手の選出  ギャラドス、ガブリアス、スイクン(控:キリキザン  (未選出:ビリジオン、ボルトロス

ノオーギャラ対面からスタート
こちらの初手トリックルームにギャラの身代わりを合わせられる
続いてウリムーで身代わりを張るもギャラドスの攻撃で破壊される
3ターン目?ユキノオーの吹雪を相手のガブに合わせてガブリアスが落ちる4-3
そこからウリムーの身代わり連打をことごとく破壊されトリル消化ウリムー落ちる3-3
以後膠着が進むもラティにキザンを合わせられ不意打ちで落ちる
そのままノオーゲルも落とされて負け


結果:2回戦敗退

今回はノオー軸のハイブリッド構成(笑)で参加しました詳しくはまた後の機会に晒せればいいなと…


ネタ

ローテやりはじめにありがちなこと

・こだわりはゴミアイテムだと思っている
・追い風は必須
・はいはい積みゲー
・毎ターンローテーションせずにはいられない
・雨対策で対グドラにのみ固執する
・勝ち筋が完全に潰える前に雰囲気で降参
・対面にしか意識が向かない
・複数催眠は悪
・ココドラに泣かされる
・雨パがトラウマになる
・サマヨールがどうしようもなく見える
・ジャンケンゲーだと言い張る
プロフィール

@かるまる

Author:@かるまる
HN:かるまる
自称プロ大学生(笑)
ニコ生コミュhttp://com.nicovideo.jp/community/co350146
ツイッター:karumaru63

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。